×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





青葉区のプレイパーク

 青葉区冒険遊び場づくりの会は、現在プレイパークを開催している青葉区の3つの公園が
中心となって運営しています。
それぞれの公園について紹介しましょう。

あざみ野西公園プレイパーク
azamino-mark.jpg(5190 byte)
azami01.jpg(31076 byte)
あざみ野西公園プレイパークは平成22年6月より活動していて、
お父さんに参加してもらいやすくするために毎月末の土日の交互
開催にしています。
緩やかな斜面に樹林帯が広がる公園の特性を活かしたブランコ、
複雑なモンキーブリッジ、基地づくりなどのロープ遊具、木工コーナーが人気です。
azami02.jpg(31322 byte)
その他、鍋&焼き物、キラビー作り、シャボン玉、泥遊び、
段ボール遊び、追いかけっこ、ハンモック編み、
夏にはウォータースライダーや竹から台作りした流しそうめんなど、
大人も子どもも世話人も楽しめる企画を展開しています。
azami03.jpg(30579 byte)
近隣の大学生ボランティアも来てくれて、体いっぱい使って遊べるプレイパークです!
a-mapl.jpg(33009 byte)




新石川公園プレイパーク
ishikawamark.jpg(4632 byte)
あいかわらずの遊び・あたりまえの自由・ありのままの子どもたち
ishikawa01.jpeg(42484 byte) 新石川公園は、東急田園都市線たまプラーザ駅・あざみ野駅から徒歩10分。
閑静な住宅地の、一番高い場所にあります。
街ではお行儀よくしている子どもたちも、ここでは
危なくて、汚くて、ばかばかしい(略してAKB)ことして遊んでいます。

風があるときは風とたわむれ…
ishikawa02.jpeg(39402 byte)
焚き火が使えるときは、家ではできそうにないお料理にチャレンジ。
(↑去年の冬は、アメをとかすのが流行りました)

暑い夏は工夫してウオータースライダーしちゃうし、
あえて水着でなく服のままびしょぬれになるのが面白いし
ishikawa03.jpeg(39078 byte)
ベーゴマ対ベイブレードの異種格闘技も行なわれています。

いつも通りのハンモックではない遊びかたも試したりして。

プレイリーダーも世話人も、子どもの安全や気持ちを見守りつつも
一緒になって自分のしたいこと、遊びたいことして
たのしく過ごしています。めっちゃ笑ってます。

こんな新石川公園プレイパーク、ぜひご参加くださいね。
imapl.jpg(29775 byte)



しらとり台第一公園プレイパーク
shiratorimark.jpg(16002 byte)
青葉台駅から歩いて7分、
しらとり川沿いの高台にある小さな公園で平成19年に活動を始めました。
大人の目をゆるやかにして、子どもたちの“やってみたい”を見守る場所を
目指しています。

まつぼっくりやどんぐりなどいろんな実がなる木が豊富にあり、
季節を感じながら楽しんでいます。
shiratori01.png(339817 byte)
ハンモック、モンキーブリッジ、泥遊び、キラビー、ベーゴマ、
穴掘り、基地作り、ロープ遊び、木工工作、鬼ごっこなどなど、
体も頭もたくさん使って遊ぶ、子どもたちの元気な声がいつも響いています。
シニア世代の地域の方々にも助けられ、
いろんな方の力が集まって継続できています。
shiratori02.png(339464 byte)
・「参加してみたい」と思っていたが、公園へ行くまでドキドキした
・友達と一緒ではなくて、私と子どもだけで参加するまで勇気がいった
など初めての参加の第一歩目は、緊張されるかと思います。
けれど帰る時の顔は、お母さんも子どももみんな“ほんわか笑顔”です。
このホームページを見ていただいているということは、
きっとご縁があるんだと思います。
是非遊びにいらしてくださいね。
shiratori03.jpg(78849 byte)
s-mapl.jpg(33158 byte)